月別アーカイブ: 2014年5月

いつだって せかいをまるごと あじわって

先週の金曜日、今年度最初の読み聞かせに行きました。

わが子がいる5年生のクラスです
q(^-^q)

 

attachment00 (28)

 

●「うえきばちです」 川端誠

まいにち みずをやっていたら、めがでました。・・・って
そうくるか?!Σ(ノ°▽°)ノと思わず笑ってしまいます。
ユーモアが効いてるので低学年には(もっと)ウケたかも。
5年生も笑ってくれました(*´∀`*)ノ
爆笑絵本としてよく紹介されてます。

 

 

attachment00 (29)

 

●「っぽい」 ピーター・レイノルズ 訳なかがわちひろ

うちの本棚から持って行きました。
(↑子どもにではなく、私が欲しくて買ったもの✿:✲)
何度読んでも好きだなぁと思う大切な絵本です(^-^)

「こうでなくちゃ ああでなくちゃ」という枷(かせ)が外れて
心に心地いい風が吹く感じといいましょうか・・・(‘-’*)

“「じょうず」にできるって、そんなに大切なことなの?”
写実的ではないけどそれがよくって、
枷が外れたラモンの絵がとてもステキです。天才!

大人も子どももラモンのように、
「いつだって せかいを まるごと あじわって」 くらしたいね。
私も、 「いつだって せかいを まるごと あじわって」
くらしますヾ(´▽`*)✿:✲

 

祝福の花ホームページ
お問い合わせ

 

母の日

次男から母の日に手紙をもらいました。

自分で文章を考えたそうです。

 

attachment00 (25)

 

(誤字脱字気になるけど・・・・・・。笑)

 

裏にはたくさん練習したあと。(^-^)

 

attachment00 (26)

 

 

ネックレスと指輪と宝石箱つき^^☆*°

 

attachment00 (27)

 

母を想って、母という字をびしっと書いてくれたんだな、とか
いつも元気いますように。という
私を思ってくれる心が伝わってきて涙がたくさん出ました。


ありがとう。
大好きよ✿:✲ \(^O^)/

 

感謝日のお知らせ

祝福の花ホームページ
お問い合せ

 

 

藤城清治 光と影の世界展 福岡市博物館

藤城清治さんの卒寿(90歳)記念展へ、連休の最終日に行って参りました(^-^)

 

attachment00 (18)

 

 

大好きな藤城先生の作品。
那須の藤城清治美術館へ行きたいと考えていた位なので
福岡で拝見できるなんて、、と胸が躍りました☆

息をのむような色彩のライティングアート。
まあるいたくさんの窓に、一つずつ違ったポーズのこびとたちが可愛くて好きでした。
いちばん印象に残っているのは、天地創造の『混沌』という作品。
闇の中に光が内包されてる、と感じました。
ただの真っ黒な闇じゃなくて、全てが内包されたゼロ。

宇宙が表現されていました。

 

 

attachment00 (20)

 

この日は先生のサイン会が行われるという事で大勢の方が来場されていました。

整理券には限りがあったようですが、藤城先生のご意向で
500名ほどの方へサインをされていたように思います。

ひとつひとつ丁寧にお名前を書かれて、ネコ(ルミちゃん?)のイラストまで☆

ていねいに生きる、ということを近頃意識しているのですが
実際に先生から教えて頂いた気がします。

作品作りに没頭される時も、こんな風に心を込めて
作っておられるのでしょうね。

 

2時間ほど並んで、長男と一緒に藤城先生の前へ。

娘の亜季さんが私からのメッセージを先生の耳元で読んで下さいます。

そのメッセージを聞きながら、丁寧にサインとイラストを描いて下さいました。

ずっと真剣な表情の先生でしたが、お顔を上げて息子を見られたときに
思わず笑顔をこぼされました(^-^)

そして、ギュッ!と力強く握手して下さいました。

 

息子が気に入って買ったピンバッヂ。

 

attachment00 (24)

 

息子に似ている・・・。笑

エジソンのあたまの中には閃きのこびとがいたという話を思い出しました。
たぶん、藤城先生の中に住んでいるこびとも同じ。
エジソン曰く、子どもにはこのこびとが住みやすいんだそう。
子どものように純粋な心、遊ぶ、というキーワードが浮かんできました。

そっか、エジソンも藤城先生も夢中になって遊んでる(遊んでた)だけだ。
上達する秘訣は夢中になってやる、ということと繋がる。

 

いただいたサインです。
この作品のタイトルは 『こびとの楽園』 (^-^)

 

attachment00 (22)

 

美しさ、可愛らしさ、力強さ、 作品から伝わってくる愛に、涙が出てくる展示会でした。

私も先生のように、丁寧にこの世界を愛して生きます、とお伝えしました。

作品に感銘を受けたのはもちろんのこと、
90歳を過ぎて現役第一線でいらっしゃることにも憧れを抱き、力づけられました。

私も、私の愛を表現して生きて行きたい

 

いつか那須の藤城清治美術館で、
『魔法の森は燃えている 再生の炎』 も目にしたいと思います✿:✲

 

ありがとうございます✿:✲!

 

感謝日のお知らせ

祝福の花ホームページ
お問い合わせ

 

帰省

囲碁大会の後は諫早の実家へ久しぶりに帰省。

翌5月4日は島原に住む甥っ子の初節句でした(^-^)
諫早からは車で約1時間。
町の中を鯉が泳いでいて風情があります。

 

attachment00 (21)

息子や姪っ子たちは鯉を21回(?)触った!とか言って大騒ぎ( ̄▽ ̄;)

 

 

attachment00 (23)

 

甥っ子のいとこ君との合同初節句会だったので
たくさんの親戚が集まり楽しく賑やかな会でした(^-^)♪

甥っ子は名前を呼ぶと手をあげたり、「んふんふ」言う成長ぶり!

お爺ちゃんの上げた、あの空高く泳ぐ鯉のぼりのように
元気に大きく育ってね。なみちゃん楽しい時間をありがとう♪!

 

翌日、帰路の途中に祐徳稲荷神社へ立ち寄りました。

ここでも鯉(^0^)

 

attachment00 (16)

 

佐賀のディーラーさんで車を受け取って、
伊万里へ着く頃には暗くなっていました(^▽^;)

 

感謝日のお知らせ

祝福の花ホームページ
お問い合わせ

 

少年少女囲碁大会

5月3日に佐賀新聞本社で、少年少女囲碁大会がありました。

 

attachment00 (19)

 

 

attachment00 (14)

 

負けました・・・。

対戦相手の佐賀大付属小は、7月末に東京で開かれる 全国大会に出場するそうです。

がんばれ~!!(^0^)

 

下の息子、個人戦の様子。

attachment00 (17)

 

私はさっぱり分かっていません(°_°)

 

感謝日のお知らせ

祝福の花ホームページ
お問い合わせ

アナと雪の女王

4月の終わりに観に行きました(^-^)

 

attachment00 (15)

 

渋滞にはまって開演15分後入り。

席に着いてすぐ、アナの「♪生まれてはじめて」。

ステキ☆*°

やっぱりミュージカルいいな。大好き。

 

息子たちは、今まで観たディズニー映画の中でいちばん好き!と言っていました。

しかし15分飛ばしてしまうとお話を掴むのに時間が・・・^^;

 

佐賀には大きな映画館が二つあって、今回は109シネマへ。

新しくてきれいな上に、座席も広くて音響もよかったです(^-^)!

また近いうちに、ゆっくり観に行こうと思います。

 

感謝日のお知らせ

祝福の花ホームページ
お問い合わせ

禅の言葉 『莫妄想(まくもうぞう)』

先日、今津の元寇防塁へ行って来ました。

元寇防塁とは元寇の襲来に備えて築かれた石垣のことです。

 

説明書きに 『莫妄想 (まくもうぞう) 』 という禅語があってトキメキました~

ちょうど前日の夜、本屋で禅語の本をめくって、

読み仮名が書かれてない。。。という理由で購入しなかったのでした。

そんな経緯があっての、読み仮名付き 『莫妄想 (まくもうぞう) 』。

こんなシンクロ、うちではよくあるんですが面白いですよね^^

 

『莫妄想 (まくもうぞう) 』 は、北条時宗が元寇の襲来に思い悩み、

無学祖元禅師にどうしたらいいかと問禅したとき、禅師から示された言葉です。

妄想(もうぞう)とは、すんでしまってどうにもならないこと(過去)や、

あれこれ考えても分からないこと(未来)を考えること。とありました。

「莫」は、「なかれ」のことで禁止を表します。

つまり、

 

すんだことにこだわり、誰にも分からない未来のことにおびえ、
くよくよと思い悩むようなことはやめてしまいなさい。

 

という禅の教えです。

北条時宗はこの一言で決心を固め、今できる限りのことに全力を尽くして、
あとは天命を待つ。という心境に至ったといいます。

 

夏目漱石の、「則天去私 (そくてんきょし) 」という言葉を思い出しました。

天に則(のっと)り私(わたくし)を去る。

小さな私に囚われず、天に身をゆだねるという意味です。

 

「人事を尽くして天命を待つ」や、

「今ここ。に生きる」という言葉も浮かんで来ます。

 

方向を定めたら、
過去や未来に生きず、今ここ!歓びの気持ちで生きる。

あとは天命に則(そく)す!

 

という心持ちです。

これは私が日々努力している心持ちなのですが、

方向を定めたら、というのがポイントになっています。

人は、自分が方向づけた方へ歩んで行くようになっているからです(^-^)

 

やはり禅語の書物が読みたいな、と思った出来事でした✿:✲♪

小さい頃、禅寺で修行させてもらいたいと思っていた位なので、

きっと何かしらご縁があるのでしょう(^-^)♪

 

 

感謝日のお知らせ

祝福の花ホームページ
お問い合わせ