安心の中に住む方法

昨夜温泉に入りながら、

あぁ私は、どこも欠けたことなんてなかった〜…って、とても満ち足りた気持ちでした

一瞬ズキッと頭が痛くなったんだけど、ささっとよしよし♡してずーっと満ち足りてた。

超しあわせ!
ぜんぜん外の現象問題ない

完全円満そのものだから気にならない

つるっと滑ってどこにも引っかからない感じ

(頭痛はすぐに消えました)

 

がんになったことある人は分かると思うんですが、全然関係ないちょっとした痛みでも、「転移では」って頭をよぎることがあるんです

単なる普通の頭痛、普通の肩こりでも、不安に襲われることがあったりね

それがいつのまにか無い

普通の満ち足りた、
「私、大丈夫だ~」っていうような静かな確信の中にいる

それは私がコントロールしてるんじゃなくて、光の川にお任せして委ねている感じ

現象はどうであっても、ゆるがないしあわせ

内なる調和

それをるんるんした気分で感じていました✿:✲

 

おそれは今後出てくることもあるでしょう

でもきっと大丈夫です
何とかなるでしょう

 

おそれが出てきたらどうするんでしたっけ。

そうです、見つめる。

 

1.逃げずにとことん味わう

2.あぁいま怖れてるなってただ見つめる

3.光の存在(自分を流れている光の川。
愛そのものの宇宙。大きな生命)に引き取ってもらう
光の川を見つめる、光とひとつになる

この3つのどれかで大抵目が覚めます
我に返る

3つを組み合わせてもOKです

 

1の逃げずにとことん味わう、は怖い。
怖いけどやる価値はありますよ。

おそれって、どうにかしようとしてもどうにもならないんです

自力ではどうにもならなかった

だから、もう降参するしかないってところまで行く!

 

自分に流れている絶対の愛を信じられないから手を離せない

わかる。

 

でも愛しかないんですよ。
どう転んだってあなたは愛そのものでしかないんです。

あなたは完全円満です
これしか事実はない

どんな時もあなたには、宇宙の無限の愛がとうとうと流れている

なぜなら、生命だからです。
生命って絶対的に愛なんです

その絶対の愛の川が、あなたには途切れることなく流れています

その愛の川に、手を離して飛び込むってことはつまり
自分を信じるってことです

宇宙の愛を信じるってこと

 

手を離すのがあまりに怖いことなら、光の存在に助けを求めてもいい

神さま、助けて下さい!って。
(私の時は大きな天使が2名見えました
見えなくたって大丈夫
呼べば必ず来られます)

 

もうどうなってもいいって天にゆだねる覚悟が決まったなら、
必要に応じて光の存在からサポートを受けて手を離して下さい

力を抜いて宇宙の愛の川に身をゆだねて下さい☆*°

 

超、脱力。

 

大丈夫、死なないよ

きっと、安心の中に住むってこういうことなんだって実感すると思います(^-^)

 

2の、あぁ怖れているなぁって気付く、は
本当にただ気付くだけ。

そうやって怖れに気付いているのは誰だろうか。

ハイ、「正気」な自分です。

この気付くってだけでもおそれはいつの間にか消えていたり、
あまり気にならなくなったりしますが
ここに私は「3」の、光に引き取ってもらう、を組み合わせています

あぁおそれているな…って気付いたら、
吸う息とともに光の川に引き取ってもらい、
吐く息とともに光の川を自分に満たします

 

—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*

今夜も0時に、「愛全開 光の柱」 エネルギーを流します
同時に、「安心の中に住まう」光も流しますね
初回はこちら

下の無料バナー(ランキングと書かれた画像) をクリックして下さいね
(別ウィンドウでランキングサイトが開きます。閉じてOK)


人気ブログランキングへ

【0時までにクリックされた方】
今夜0時より、リアルタイムで 約20分間
時間と空間を超えて 愛全開 光の柱エネルギーが流れます
眠っているときに受け取られても大丈夫です(^-^)

【0時を過ぎてクリックされた方】
クリックされてから約20分間、
時間と空間を超えて 愛全開 光の柱エネルギーが流れます
リラックスしてお受け取り下さいね

多くの方と叡智を分かち合えますように。

—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*

祝福の花ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">