エゴの断末魔

まずは自分を愛することから。
まずは自分を満たすことから。

愛されたいのに愛されないって嘆いてる人がいる

外の現実が思い通りにならなくて、悲しくて憎くて

自分は悪くないのにって。

違うよ、あなたの内側があなたによって愛されていないからだよ

あなた自分こと大好きって思ってないでしょう?

まだまだもっと
足りない、足りない

全然自分は足りてないって思っているんじゃないですか?

欠乏感じてないですか。
自分への不満感じてないですか

 

私はどこも欠けていません
私はありのままで100点です
私は自分が大好きです
私は、何を得ていなくても何になっていなくても完全に円満です

 

上記の言葉はあなたをあらわしています。
エゴ(自己防衛装置)に囚われたとき唱えると我に返ります。
エゴに右往左往しているの含めて、まるっと100点なんです。

 

自己否定を捨て自己の素晴らしさに振り向いたときに
皮肉かな、内側の円満さが外にも映り始めるんです

 

認める(見止める)って愛するってことです

あなたが自分の内側に見止めたものが外に映るんです

 

内側にあなたが見止めているのが欠乏なら、外には欠乏の現実が現れているでしょう?

その欠乏、不完全さ、大きな誤解ですよ。

あなた自分に対して大きな誤解をしているんですよ。

 

愛は外から与えられるものじゃないです

外に力があるんじゃないですよ、内に力があるんです

外に力があると勘違いしている内は、いつまで経っても満たされない

いつまで経ってもまだまだ、まだまだ
自分に対する不満から目を覚ますことが出来ない

 

内側が外側に映るんです

自己信頼、自己肯定、
これが外に映るんです

自己って言っても、小さな頭の自分が土台ではないですよ
そんな足元グラグラする自分が土台ではないです

土台は、神の尊い分身としての自分です

 

愛が足りてない、その通りです

あなたの愛が足りてないんです、自分に対しての。
自分を愛していないんです。
自分を信じていないんです。
自分をあなどっているんです。
外ばかりを見て(外見も含みますよ)、
満たされていない外ばかりを見て、自分をさばいてるんです、無意識に。

 

だから愛の足りてない現実を体験するんです
内側に認識していることが外に映るんですから

 

今日は、あなたの内側に初めからある“無限の愛”、
“無限の豊かさ”が奔流となって流れる光を流します

 

スーパームーンの皆既月食を過ぎ、いよいよエゴ(自己防衛装置)がどんどん浮上して来て、しんどくなられてる方も多いのではないでしょうか。

 

大丈夫です、しっかりそのエゴ浮上させてあげて下さい

エゴが出てきたら、
1.逃げずにとことん味わう
2.あぁ今イヤな気分が出てきているなってただ見つめる
3.光に引き取ってもらう
でした。くわしくはこちらの記事

 

もう死んだ方がいいかも、エゴがそう思わせます。
そこまで来たらしめたものです。
この前そこ、私も通ったから知ってるんです。
(先に通ったからエライとか無いですからね。)

いよいよですよ!
自分を信じて、抵抗しようとする手を離し、
無限の愛の川に身を放って下さい。

 

力を抜いて、愛でしかない大きな力に降参して下さい。

 

—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*

今夜23時に、「愛全開 光の柱」 エネルギーを流します(^-^)

同時に、「無限の愛が奔流となって流れる」光が流れます
初回はこちら

下の無料バナー(ランキングと書かれた画像) をクリックして下さいね
(別ウィンドウでランキングサイトが開きます。閉じてOK)


人気ブログランキングへ

【23時までにクリックされた方】
今夜23時より、リアルタイムで 約15分間
時間と空間を超えて 愛全開 光の柱エネルギーが流れます
眠っているときに受け取られても大丈夫です(^-^)

【23時を過ぎてクリックされた方】
クリックされてから約15分間、
時間と空間を超えて 愛全開 光の柱エネルギーが流れます
リラックスしてお受け取り下さいね

多くの方と叡智を分かち合えますように。

—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">