ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです

メニューのはじまりです

コラム

本文のはじまりです

引き寄せの法則について

引き寄せの法則って知っていますか。
書店に行けばたくさんの関連本が出ています。昔から「類は友を呼ぶ」なんてことわざで親しまれているけど。

引き寄せの法則とは、リンゴが木から落ちる重力の法則と同じように、自分が知っている知っていないに関わらず誰にでも(世界のどこにでも)に平等に働いている宇宙の法則です。引き寄せの法則には3つの特徴があるように思います。

(1)自分と同じものを引き寄せる
(2)自分が関心を持ったもの(焦点をあてたもの)を引き寄せる
(3)望まない状況は途中経過としてゆるす

(1)の「自分と同じものを引き寄せる」とは、自分の心の色が周りに映る・・・という鏡の法則にも通じます。(2)の「自分が関心を持ったものを引き寄せる」は、自分の興味・関心が磁石になっていると考えて下さいね。

たとえば交通安全。普段から「交通事故は絶対イヤだ~!」と思っている人は自分の思考や感じ方に注意を払ってみて下さい。自分が考えて感じること。これが磁石になっています!絶対イヤだ~!と思っているときはイヤな状況に【関心】を寄せています。そして決まって【イヤな気分】のはずです。

自分が考えて、感じることが磁石になっているといいましたが、望んでいない現実にも関わらず、その望んでいない現実に関心を抱いていれば、自分の人生に望まないモノを引き入れている可能性があります。自分が焦点を当てた事柄が、自分の雰囲気として取り込まれ、それが長期間継続すると自分の現実としてあらわれて来るというしくみです。

交通安全を願うなら「安全に、スムーズに、ニコニコ笑顔で到着~!」のような、望んでいる場面を見るようにしてみて下さい。「交通事故は絶対イヤだ!」・・・ではどうなっていればいいのか?!です。望んでいる現実は「安全に、スムーズに、ニコニコ笑顔で到着~!」のはずなので、意識的にその場面や様子を見て、感じて、呼吸する感じです。

イヤだ!という気持ちやイヤな現実が出てきた時は、ではどうなっていればいいのか?!を知るチャンスです。イヤな現実に焦点を当ててそこへ留まるのは、自分が信じられないとか、相手が信じられない、という時です。だから、自分の力や相手の力を信じるチャンスでもあります。

どうしても不安が消えないときは、そりゃこわいよね、不安で当然だよ!と自分の中にある不安な気持ちをちゃんと見止めて、自分の中にあるこわいと思う気持ちに目を背けず、自分を丁寧にゆるす・見止めるのがコツです。

見止めるとは認めること。つまり、自分を愛するということです。自分の中のこわいと思う気持ちも目を背けずに見止めて愛してあげたら、こわいと思う気持ちはあたたかな愛に溶けて行き、ちゃんと自然に力が湧いて来ます・・・!段々と、イヤな現実ではなく、望む状態であるのが普通、という感覚になって行きます。

(3)の「望まない状況は途中経過としてゆるす」ということの意味は、望まない状況になった時、抵抗をやめる。ということです。それはイヤな状況に甘んじたり、コワイから見ないようにしたり、必死に上を向く(ポジティブになる)ということではなくて、むしろ逆で、流すというかゆるすという意味です。

「どっちでもいいけど、楽しい方へ向かったら嬉しいな」というような感覚です。

本来流れはいい流れしかないので、抵抗が消えれば本来のいい流れに乗るようになっています。がんばって上流を目指す必要はなくて、力を抜いたら本来のいい流れに乗り、大きな海へ出るような感じです。楽しめればさらに変化は早いように思います。望まない場面は電車の窓から見える景色のようなもので、途中経過であって到着駅ではありません。

実例がたくさんありますので、また別の機会にお話したいと思います♪


| HOME | プロフィール | カウンセリングメニュー | 祝福のコラム | よくある質問 | 日記 | 予約・お問い合わせ |